企業の重要な資産であるマスタデータを簡単・安全・便利にメンテナンス

1.担当者・部門マスタ

担当者(社員)マスタでは、グループ、個人情報、資格情報等を登録できます。また、社員別セキュリティにより、パスワード、使用メニュー制限、情報開示する範囲など、機密保持するための機能を搭載しています。

2.品目・単価マスタ

品目マスタでは、製品の属性(品目区分、型式、単位、図面番号、等々)を登録することができます。

また、原材料のように1品目で数量・重量等によって単価が変動するものについても、単価マスタに登録することによって、受注数(重量)によって自動的に単価が設定されます。

3.機番(製造番号)マスタ

機番(製造番号)マスタでは、機種、年度毎の機番を管理します。出荷時に製品に自動で一位のシリアルナンバーを付与することによって、トレーサビリティを高めます。

4.棚番マスタ

棚番マスタでは、棚番号(ロケーション)で製品、部品、原材料の保管場所を管理するために、各々のコードと棚番を紐づけます。これにより、適切な棚管理、在庫管理による業務効率化を可能にします。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTubeの

©2001-2020 BAISOKU Corporation. All Rights Reserved.

logo.png